おすすめの本

はじめのページ
りようあんない
おすすめの本
おしらせ
おとなページ

あたらしく はいった本


1・2月受け入れ
書名 著者名 出版社 分類 対象
大人へと成長していくなかで、落ち込んだり悩んだりすることがあるかもしれません。そんなときにおすすめの一冊です。
逆境を乗り越える50のヒント 植西聡 PHP研究所 159
そらのうえにはうちゅうがあります。では、うちゅうはどのくらいとおくにあるのでしょうか。ビルの上やひこうきのとぶ高さなど、だんだんうちゅうにちかづいていくえほんです。
うちゅうはきみのすぐそばに みねおみつ(絵) 福音館書店
素晴らしいかつやくをみせてくれる平野選手と伊藤選手。2人の卓球にかける思いや支える人々、切磋琢磨しあうライバル関係などを追いかけます。
平野美宇と伊藤美誠 
がんばれ!ピンポンガールズ
城島充 講談社 783
カラスにはボスがいるの?カラスは意外とキレイ好き?カラスのジョーシキをカーキチと仲間たちが教えてくれます。
カラスのジョーシキってなんだ? 柴田佳秀(文) 子どもの未来社 488
やさいさんたちがはたけでかくれんぼをしています。すっぽーん!とぬけたやさいはなにかな?たのしいしかけえほんです。
やさいさん tupera tupera 学研プラス
らくごかのかわうそが、どうぶつたちのなまえのゆらいを、ことばあそびでおもしろくかたります。
うそうそかわうそのむかしばなし はやしますみ 小学館
戦国時代、7歳で母親と別れ、縫い物師として生きる道を選んだ平史郎と激動の時代を強く生きた人々の人生を描きます。
ひかり舞う 中川なをみ ポプラ社 913
おさしみのつまや大根おろしなど、大根はほかのりょうりを美味しくする天才です。いつもはわき役だけど、はたらきものの大根に目をむけてみましょう。
大根はエライ 久住昌之 福音館書店 626
くいしんぼうのおたまじゃくしは、ごちそうを食べるため、王さまのスプーンになることをおもいつきます。
王さまのスプーンになったおたまじゃくし さくら文葉 PHP研究所 913
12歳のステラは両親を亡くし、いじわるなおばさんに遺産を狙われる。ステラは不思議な少年に助けられながら、おばさんに挑みます。
世にもおそろしいフクロウおばさん デイヴィッド・ウォリアムズ 小学館 933

おすすめの本にもどる