おすすめの本

はじめのページ
りようあんない
おすすめの本
おしらせ
おとなページ

あたらしく はいった本


11・12月受け入れ
書名 著者名 出版社 分類 対象
たいやきの中にたっぷり入っているあんこのざいりょうになるのはあずきです。あずきがどのようにできるのかかんさつしてみましょう。
あずき 荒井真紀 福音館書店
この本のなかではふしぎないきものがねむっています。おこさないようにきまりをまもってぼうけんにでかけましょう。
ねむりどり イザベル・シムレール フレーベル館
みずとはいったいどんなものでしょうか。みずの3つのせいしつについてわかりやすいことばとたとえでせつめいするえほんです。
みずとはなんじゃ? かこさとし 小峰書店
サキは魔女から悪口を10こ言うとできあがる「のろいアメ」を買いました。いばりんぼうでおこりんぼうのお姉ちゃんの悪口ならいくらでも思いつくと考えていたけど…。
魔女ののろいアメ 草野あきこ PHP研究所 913
「世界人権宣言」にはすべての人が幸せに自分らしく生きるための権利が書かれています。世界の人々の写真と宣言とともに、自分にはどんな権利があるのか考えてみて下さい。
みんなたいせつ 世界人権宣言の絵本 東菜奈 岩崎書店 316
オリゼーはみそやしょうゆの発酵に欠かせない存在です。日本にしかいない不思議な微生物オリゼーをめぐる旅にでましょう。
ふしぎなカビ オリゼー 竹内早希子 岩崎書店 588
無人島に流れついたロボットのロズは野生動物を観察し生きぬく術を学び、自然のなかで助けあって暮らしていく。ロボットと野生動物の友情を描いた物語。
野生のロボット ピーター・ブラウン 福音館書店 933
苦手だったクラスメイトやネットでつながるゲーム友達など様々な3人組が登場します。どうしてぼくらが仲間になったのか。5人の作家による3人組をテーマにした短編集です。
そしてぼくらは仲間になった 小嶋陽太郎 ほか ポプラ社 913
シアトル港に突然白いキツネが現れた。12歳の少年ソロモンと父は、白いキツネにみちびかれるようにアラスカへ向かう。母が亡くなってから遠ざけていた故郷で父と子が成長していく姿を描く。
ソロモンの白いキツネ ジャッキー・モリス あすなろ書房 933
エーデルダム女子修道院で見習い修道女となった15歳のアイラはある秘密を知ってしまう。秘宝ウパーラの力とは何か。そして誰を信じれば良いのか。アイラは大きな陰謀に巻き込まれていく。
ウパーラは眠る 小森香折 BL出版 913

おすすめの本にもどる