特集資料
マラソン事始め~マラソンの父・金栗四三と箱根駅伝~
 2019年大河ドラマの主人公の一人である金栗四三は、日本人で初めてオリンピックに出場したマラソン選手であり、日本のマラソンの発展に貢献し、箱根駅伝の開催にも尽力した人です。
マラソンや駅伝に関する本のほか、もう一人の主人公・田畑政治にも関係する、1964年の東京オリンピックについての本もあわせて紹介します。
書名 著者名 出版社 出版年 分類
東京オリンピック1964 フォート・キシモト 新潮社 2009 780.6
1964東京五輪聖火空輸作戦 夫馬信一 原書房 2018 780.6
ウォーキングから始める50歳からのフルマラソン 金哲彦 講談社 2012 782
箱根駅伝 生島淳 幻冬舎 2011 782.3
箱根駅伝を歩く 泉麻人 平凡社  2012 782.3
42.195kmの科学 NHKスペシャル取材班 角川書店 2013 782.3
マラソン哲学 月刊陸上競技 講談社 2015 782.3
金栗四三 佐山和夫 潮出版社 2017 782.3
世界のマラソンベスト50 ヒュー・ジョーンズ エクスナレッジ 2012 782.3
教えてQちゃん!メタボだってマラソン完走! 高橋尚子 阪急コミュニケーションズ 2010 782.3
マラソンと日本人 武田薫 朝日新聞出版 2014 782.3
マラソンでカラダが変わる 谷川真理 扶桑社 2008 782.3
魔法をかける 原晋 講談社 2015 782.3
駅伝マン アダーナン・フィン 早川書房 2015 782.3
箱根駅伝 世界へ駆ける夢  読売新聞運動部 中央公論新社 2013 782.3
この日のために 上 幸田真音 角川書店 2016 913.6
襷を我が手に 蓮見恭子 光文社 2017 913.6
オリンピックがやってきた 堀川アサコ 角川書店 2017 913.6
ふたつのオリンピック ロバート・ホワイティング KADOKAWA 2018 934
「走る」のなぞをさぐる 高野進 少年写真新聞社 2015 K782

特集資料トップへ